なぜpushではなくpullなのか? - FAQ - Prometheusドキュメント

このページはPrometheus公式ドキュメント和訳+αの一部です。

HTTPを通してpullすることには、たくさんの利点がある。

  • 開発中に自分のラップトップから監視を実行できる
  • 監視対象がダウンしていることがより簡単に分かる
  • Webブラウザで監視対象を開き、手動でその状態を調べることができる

概して、pushよりもpullする方が少しだけ良いと信じているが、監視システムを検討する際の重要な点ではないであろう。

pushしなければならない場合のために、Pushgatewayを提供している。

参考リンク

  • FAQ | Prometheus

    Why do you pull rather than push?

    Pulling over HTTP offers a number of advantages:

    • You can run your monitoring on your laptop when developing changes.
    • You can more easily tell if a target is down.
    • You can manually go to a target and inspect its health with a web browser.

    Overall, we believe that pulling is slightly better than pushing, but it should not be considered a major point when considering a monitoring system.

    For cases where you must push, we offer the Pushgateway.

和訳活動の支援

Prometheusドキュメント和訳が役に立った方は、以下QRコードからPayPayで活動を支援して頂けるとありがたいです。

PayPayによる支援用QRコード
上のQRコードからPayPayによる支援

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム