Node ExporterのTextfile Collectorの使い方

textfile collectorは、バッチジョブの統計がexportできるようになるという点で、Pushgatewayに似ている。 静的なメトリクス(例えば、あるマシンが何のロールかなど)をexportするために利用することもできる。 Pushgatewayはサービスレベルのメトリクスに使われるべきであり、textfile moduleはマシンに結びついたメトリクスのためにある。

利用するには、Node exporterの--collector.textfile.directoryをセットすること。 コレクターはそのディレクトリ内でグロブ*.promにマッチする全てのファイルをtext formatに従ってパースする。

cronジョブの完了時間を自動的にpushするには下記のようにする。

echo my_batch_job_completion_time $(date +%s) > /path/to/directory/my_batch_job.prom.$$
mv /path/to/directory/my_batch_job.prom.$$ /path/to/directory/my_batch_job.prom

ラベルを用いて静的にマシンのロールをセットするには下記のようにする。

echo 'role{role="application_server"} 1' > /path/to/directory/role.prom.$$
mv /path/to/directory/role.prom.$$ /path/to/directory/role.prom

参考リンク

Prometheus: Up & Running: Infrastructure and Application Performance Monitoring

Prometheus: Up & Running: Infrastructure and Application Performance Monitoring