<aggregation>_over_time() - Prometheusドキュメント

このページはPrometheus公式ドキュメント和訳+αの一部です。

<aggregation>_over_time()

以下の関数によって、与えられたrange-vectorそれぞれを時間に対して集約し、時系列ごとの結果を含むinstant vectorを返すことができる。

  • avg_over_time(range-vector): 指定されたインターバル中の全ての点の平均値
  • min_over_time(range-vector): 指定されたインターバル中の全ての点の最小値
  • max_over_time(range-vector): 指定されたインターバル中の全ての点の最大値
  • sum_over_time(range-vector): 指定されたインターバルの全ての値の和
  • count_over_time(range-vector): 指定されたインターバルの全ての値の数
  • quantile_over_time(scalar, range-vector): 指定されたインターバルの全ての値のφ-quantile (0 ≤ φ ≤ 1)
  • stddev_over_time(range-vector): 指定されたインターバルの値のpopulation standard deviation(母標準偏差
  • stdvar_over_time(range-vector): 指定されたインターバルの値のpopulation standard variance

値がインターバル全体で等間隔でない場合でも、指定されたインターバルの全ての値が集約で同じ重みを持つことに注意すること。

参考リンク

おすすめ書籍

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

和訳活動の支援

Prometheusドキュメント和訳が役に立った方は、以下QRコードからPayPayで活動を支援して頂けるとありがたいです。

PayPayによる支援用QRコード
上のQRコードからPayPayによる支援