<remote_write> - Prometheusドキュメント

このページはPrometheus公式ドキュメント和訳+αの一部です。

<remote_write>

write_relabel_configsは、リモートエンドポイントに送信される前にサンプルに適用されるリラベルである。 writeリラベルは、外部のラベルの後に適用される。 これは、どのサンプルが送信されるかを制限するために利用できるだろう。

この機能をどのように使うかのデモがある。

 # サンプルを送信する先のエンドポイントURL
url: <string>

# remote writeエンドポイントへのリクエストのタイムアウト
[ remote_timeout: <duration> | default = 30s ]

# remote writeのリラベル設定のリスト
write_relabel_configs:
  [ - <relabel_config> ... ]

# 設定されたusernameとpasswordでremote writeのリクエストの`Authorization`ヘッダを毎回セットする。
# passwordとpassword_fileは相互排他的である。
basic_auth:
  [ username: <string> ]
  [ password: <string> ]
  [ password_file: <string> ]

# 設定された署名なしトークン (Bearer Token)でremote writeのリクエストの`Authorization`ヘッダを
# 毎回セットする。`bearer_token_file`と相互排他的である。
[ bearer_token: <string> ]

# 設定ファイルから読み込んだ署名なしトークン (Bearer Token)でremote writeのリクエストの
# `Authorization`ヘッダを毎回セットする。`bearer_token`と相互排他的である。
[ bearer_token_file: /path/to/bearer/token/file ]

# Configures the remote write request's TLS settings.
tls_config:
  [ <tls_config> ]

# Optional proxy URL.
[ proxy_url: <string> ]

# Configures the queue used to write to remote storage.
queue_config:
  # Number of samples to buffer per shard before we start dropping them.
  [ capacity: <int> | default = 10000 ]
  # Maximum number of shards, i.e. amount of concurrency.
  [ max_shards: <int> | default = 1000 ]
  # Minimum number of shards, i.e. amount of concurrency.
  [ min_shards: <int> | default = 1 ]
  # Maximum number of samples per send.
  [ max_samples_per_send: <int> | default = 100]
  # Maximum time a sample will wait in buffer.
  [ batch_send_deadline: <duration> | default = 5s ]
  # Maximum number of times to retry a batch on recoverable errors.
  [ max_retries: <int> | default = 3 ]
  # Initial retry delay. Gets doubled for every retry.
  [ min_backoff: <duration> | default = 30ms ]
  # Maximum retry delay.
  [ max_backoff: <duration> | default = 100ms ]

参考リンク

おすすめ書籍

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

和訳活動の支援

Prometheusドキュメント和訳が役に立った方は、以下QRコードからPayPayで活動を支援して頂けるとありがたいです。

PayPayによる支援用QRコード
上のQRコードからPayPayによる支援