<file_sd_config> - Prometheusドキュメント

このページはPrometheus公式ドキュメント和訳+αの一部です。

ファイルベースのサービスディスカバリーは、静的な対象を設定するためのより一般的な方法を提供し、また 独自のサービスディスカバリーの仕組みを組み込むためのインターフェースとして機能する。

ファイルベースのサービスディスカバリーは、<static_config>を0個以上含むファイルの集合を読み込む。 ディスクをウォッチしているので、定義された全てのファイルの変更は即時に検知・適用される。 ファイルはYAMLまたはJSONで記述することが可能である。 正しい形式で書かれた対象グループになる変更のみが適用される。

JSONファイルは、下記のフォーマットでstatic_configのリストを含んでいなければいけない。

[
  {
    "targets": [ "<host>", ... ],
    "labels": {
      "<labelname>": "<labelvalue>", ...
    }
  },
  ...
]

指定されたrefresh_intervalでの定期的な再読み込みもされる。

各監視対象は、リラベルの過程でメタラベル__meta_filepathを持つ。 その値は、その監視対象が抽出されたファイルパスがセットされる。

この検出の仕組みとの連携システムの一覧がある。

# 対象グループを抽出するファイルのパターン
files:
  [ - <filename_pattern> ... ]

# Refresh interval to re-read the files.
# ファイルを再読み込みする間隔
[ refresh_interval: <duration> | default = 5m ]

<filename_pattern>には、.json.yml.yamlで終わるパスを書くことが可能である。 パスの最後の部分は一つの*を含んでよい。これによって、任意の文字列の連続(例 my/path/tg_*.json)にマッチする。

参考リンク

おすすめ書籍

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

和訳活動の支援

Prometheusドキュメント和訳が役に立った方は、以下QRコードからPayPayで活動を支援して頂けるとありがたいです。

PayPayによる支援用QRコード
上のQRコードからPayPayによる支援