<remote_read> - Prometheusドキュメント

このページはPrometheus公式ドキュメント和訳+αの一部です。

<remote_read>

# 取得元のエンドポイントURL
url: <string>
# remote readエンドポイントにクエリするためのセレクター
# に含まれていなければいけない等値マッチャーのリスト(オプショナル)
required_matchers:
  [ <labelname>: <labelvalue> ... ]

# remote readエンドポイントへのリクエストのタイムアウト
[ remote_timeout: <duration> | default = 1m ]

# Whether reads should be made for queries for time ranges that
# the local storage should have complete data for.
[ read_recent: <boolean> | default = false ]

# 設定されたusernameとpasswordでremote readのリクエストの`Authorization`ヘッダを毎回セットする。
# passwordとpassword_fileは相互排他的である。
basic_auth:
  [ username: <string> ]
  [ password: <string> ]
  [ password_file: <string> ]

# 設定された署名なしトークン (Bearer Token)でremote readのリクエストの`Authorization`ヘッダを
# 毎回セットする。`bearer_token_file`と相互排他的である。
[ bearer_token: <string> ]

# 設定ファイルから読み込んだ署名なしトークン (Bearer Token)でremote readのリクエストの
# `Authorization`ヘッダを毎回セットする。`bearer_token`と相互排他的である。
[ bearer_token_file: /path/to/bearer/token/file ]

# Configures the remote read request's TLS settings.
tls_config:
  [ <tls_config> ]

# Optional proxy URL.
[ proxy_url: <string> ]

参考リンク

おすすめ書籍

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

和訳活動の支援

Prometheusドキュメント和訳が役に立った方は、以下QRコードからPayPayで活動を支援して頂けるとありがたいです。

PayPayによる支援用QRコード
上のQRコードからPayPayによる支援